天井にシミが出来ている~雨漏りしている原因って何~

数日雨が降り続き、ふと自宅の天井を見るとシミが出来ているなんて事はありませんか。「水がポタポタ落ちてる訳じゃないし……」とそのまま放っておくと、雨漏りが悪化し、被害が大きくなる可能性があります。ここでは、シミが出来る原因や雨漏り被害について紹介していきます。

天井にシミが出来ている

天井にシミが出来ているんですけど、これって雨漏りが原因ですか?
これは、雨漏りが原因です。建物の屋根や外壁などの小さなひび割れから、少しづつ水が建物内に侵入してきて出来ているシミの可能性が高いと思われます。雨漏りだった場合、放っておくとどんどん酷くなり白蟻が発生する原因になるので、早めに雨漏り調査をして下さい。そして、調査結果に応じた防水工事をすることをおすすめします。

天井からの雨漏りで起こる二次トラブル

白蟻が発生する
天井で雨漏りが発生すると、天井裏などの柱が水分を含み、カビや木材腐朽菌が増殖して急速に腐食されていきます。白蟻は、このように傷んで腐食された木材が大好物です。また、白蟻は食欲旺盛なので、柱など建物の重要な箇所があっと言う間にボロボロになってしまいます。さらに白蟻は、木材のみならず、電線や断熱材、ビニールなど何でも食べてしまうので、注意が必要です。
家を支える鉄骨が錆びる
鉄筋建築で作られた建物で天井から雨漏りが発生した際も、気をつけなくてはいけません。鉄骨建築の場合、大切な基礎部分と言える骨組みに錆が発生し、脆くなる可能性があるからです。鉄筋建築で作られた建物の寿命は、骨組み部分が握っています。その骨組みである鉄に、湿気や水分をもたらす雨漏りは錆の原因になる天敵です。

大切なお家が燃えてしまうことも…

天井からの雨漏りが原因で起こる被害の中でも、気をつけなくていけないのは、漏電です。天井からの雨漏りがブレーカーに流れた場合、電気系統が濡れて漏電を発生させることがあります。水は、電気をよく通すため、雨漏りによって電気の通れる道が出来、火災が発生するのです。また、幸い火災を免れたとしても、漏電により電化製品などが一気に被害を受け、修理や買い替えになることが考えられます。

雨漏り被害を食い止めるためにも防水工事

防水工事とは?

適切な工事を行なわないといけません(工事業者)

天井から雨漏りしている場合、適切な防水工事をしなくてはいけません。防水工事をきちんとしていないと、天井から雨水が建物内に入り込み建物の基礎部分にダメージを与えてしまいます。その他にも、生活に必要な上水や下水が漏れ出ないために、行なうのも防水工事です。つまり、防水工事は建物に必要な加工であり、それを行なってしまうと建物の寿命を縮めてしまうことに繋がります。ですから、雨漏りした際は、きちんと防水工事して大切な家を守ってあげて下さい。

天井からの雨漏りを直すためにかかる費用

天井からの雨漏りを直す費用の相場は約2万~200万円程度です。出来るだけ、コストをかけずに天井からの雨漏りを修理したいのであれば、どのような雨漏り修理をしたいのか、どのような機能を重視したいのかを業者にきちんと伝えましょう。そして、業者にメーカーや最新パーツなど関係なく選んでもらうと費用を安く抑えることが出来ます。

相場価格に間隔があるのか

防水工事の相場に費用相場の落差があるのか?
防水工事の価格に開きがあるのは、足場の有無です。屋根の傾斜角度によっては、どうしても足場が必要になる時があります。足場を組む費用は、一般的な住宅の場合でも、約10万~30万円程度です。なので、足場を組むのか組まないのかによって価格に開きがあります。

TOPボタン